スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年1月

2013年1月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:1969ページ
ナイス数:41ナイス

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)感想
読メでやたら登録が多いので、図書館で予約してたけど、残念ながら2巻が最初に来てしまった。内容は期待外れ。オチが初めから分かるくらい、どれも浅く感じた。1巻から読んだらまた違ったのかな?
読了日:1月31日 著者:三上 延
マリアージュ・マリアージュマリアージュ・マリアージュ感想
「マザーズ」を読んだ時も思ったけど、この人の書く母親って何か痛々しい。どれも共感できなかったけど「仮装」だけは父親の気持ちが想像しやすかった。
読了日:1月22日 著者:金原 ひとみ
戦前の少年犯罪戦前の少年犯罪感想
自分のイメージしていた昔と全く違った。殺人自体が多く、それも少年犯罪が多かったことに驚き。その他も結構無茶苦茶な時代だったんだなぁ。
読了日:1月18日 著者:管賀 江留郎
知恵のある・和の家・和の食・和の暮らし知恵のある・和の家・和の食・和の暮らし感想
博多弁のおじちゃんが目の前にいて話しているような臨場感。ただ、どれもすごく自信に満ち溢れ自慢げな内容だった。
読了日:1月11日 著者:魚柄 仁之助
絶望名人カフカの人生論絶望名人カフカの人生論感想
どれも解説がすばらしい。カフカの言葉だけでは真意がわからなかった。ひょろっとして不健康というので、アンガールズをイメージしてたけど、巻末にあった写真が意外に男前でびっくりした。妹が3人いたみたいだけど、ナチスに殺されたらしい。。。
読了日:1月10日 著者:フランツ・カフカ
産科女医が35歳で出産してみた産科女医が35歳で出産してみた感想
妊娠中のことを懐かしく思い出した。血糖値を自己管理するのって本当に大変そう。
読了日:1月9日 著者:宋 美玄
放蕩記放蕩記感想
初めは分厚く感じたが、あっという間に読めた。何だか最後切ない感じ。やっぱり子供は母親が好きなんだなぁと。
読了日:1月7日 著者:村山 由佳
カラーひよことコーヒー豆カラーひよことコーヒー豆感想
短編集だけど、どれもほんわかして、所々笑いありという感じ。他の本も読んでみたくなった♪♪
読了日:1月5日 著者:小川 洋子

読書メーター
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

runa..

Author:runa..
マナーを守って、ご覧下さい☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。